浜学園の「公開学力テスト」

浜学園の特徴

浜学園の「公開学力テスト」は、浜学園の全塾生はもとより優秀な塾外生(大阪・兵庫・奈良・京都・滋賀等の近畿圏および名古屋・岡山の小学生)が数多く受験します。そのため、浜学園の「公開学力テスト」で出る偏差値、合格判定は、私立中学の合格の可能性をかなり正確に、何年生でも現時点での自分の志望校の入試での合格確率が明確になります。

浜学園の「公開学力テスト」で示される
A判定「受験承認圏(合格確率80%以上)」:浜学園として受験を推薦してもよい成績(偏差値)
以外にも、

B判定の「受験準承認圏(合格確率70%台)」:
本人の強い希望があれば、その学校の受験が認められる成績(偏差値)

C判定の「合格可能圏(合格確率60%台)」:
合格の可能性があるが受験校の変更も考えたほうがよいと思われる成績(偏差値)

などかなり細かい受験生として参考になる数値が出るほか、男女総合順位・男子順位・女子順位はもちろん有名共学校・男子校・女子校それぞれの合格可能性がわかり、かつ弱点発見ができます。

関西の受験生で難関校を目指す者なら塾外生でも、最低一度は受験する浜学園の公開学力テスト(希学園も問題を盗作したくなるテスト)。まだ受験したことがない方はぜひチャレンジしてみて下さい。

浜学園の主な私立中学校の偏差値による合格圈
「受験承認圏(合格確率80%以上)」の偏差値一覧は以下の通りです。

65  灘
63  東大寺学園・洛南高校付属(併願)・開成
62 甲陽学院・白陵(後期)
60 西大和学園・
59 神戸女学院・洛南高付属(専願)・大阪星光学院・白陵(後期)・洛星(後期)
58 六甲(B日程) ・洛星(前期)
56 高槻(後期)・帝塚山(併願)
55 清風南海六甲(A日程)・智辯学園和歌山・清風(後期)・白陵(前期)

記事を読む   浜学園の「公開学力テスト」

浜学園の5つの特色

学習システム

灘中合格者数は、この30年間で日本一の座を25回(2010年春は灘中学82名合格・神戸女学院中64名合格)するなど「難関中学を狙うには浜学園」といったイメージが定着し、ここ数年は特に関西圏では1人勝ちの様相を呈している浜学園。

近年は、個別指導部門『Hamax』、幼児教育部門『はまキッズ』、自学・自習プログラム『はま道場』なども開講し、中学受験に限らず、年少から高校生まで広い範囲で日本一の合格者数を打ち立てる教育体制を拡げています。

この項では、そうした合格実績を生む背景となっている特色「学力別クラス編成・2カ月ごとのクラス替え」「受験・志望校に直結した授業内容と教材」「復習テストを毎回実施する復習主義」「わかりやすくて面白い授業と講師」を紹介します。

浜学園の5つの特色を挙げると以下のようになります。1つずつ詳しく見ていきましょう。

◆独自の学習システム
浜学園の学習システムは、「学習計画表」で小刻みな目標を設定し、能力に応じたクラス編成で目標を達成すべく、「講義→家庭学習→復習テスト」の復習主義で臨みます。 他塾よりははるかに厳しい採用試験をくぐり抜け、採用後もさまざまな研修が課せられる一流の講師陣が優しさと厳しさで子供たちの能力を引き上げます。

◆きめ細かなケア&フォロー
進路や学習に関する豊富な情報・ノウハウがあるのは合格実績が証明しており、常に最新の受験情報や入試動向を提供、家庭学習や質問フォローで、授業以外の学習もバックアップも行っています。

最大の利点は、授業がオープンで、授業参観が随時OKなこと。いかなる講師がいかなる授業を行っているのかを見て確認できるのは他塾ではなかなか真似ができないでしょう。

◆選べる目的別コース 
目的別に選べるコースは6つあり、
「一般コース」「土曜スクール」「特訓コース」
「個別指導」
「幼児教育」「自学・自習プログラム」
それぞれの生活や住居に応じた選択が可能です。最近では映像授業も取り入れており、遠距離に住む子供でも、最高水準の授業が家庭で受けられるシステムができつつあります。

◆オリジナル教材
志望校合格には何をどこまで勉強するかが大事になってくるのは言うまでもありません。浜学園では、各単元ごとの「要点のまとめ」や「テーマの解説」で、講義内容を振り返ることができます。また、家庭学習をサポートする答案用紙形式の浜ノート(家庭学習用ノート)が用意され、自宅でも円滑に学習できるよう、詳しい解答解説がついています。

基礎学力の定着から高度な知識や技法の習得まで浜学年のオリジナル教材は日本でも最強と考えていいでしょう。

◆テストによる強力サポート
浜学園の学習サイクル「復習テスト⇒公開学力テスト⇒各種実力テスト⇒学校別対策模試⇒入試」。復習主義を子供自身が自分のものにするために、日々の学習到達度のチェックや志望校対策まで、段階ごとに様々なテストを実施し、学力アップと志望校合格をサポートしています。
  

記事を読む   浜学園の5つの特色

小学5年生のクラス概要と授業料

授業料

浜学園の小学校5年生のクラスでは、2年後の中学入試を見据えた本格的な受験学習がスタートします。

算数、国語、理科の3教科セットをベースに、これまでに学習した内容を復習しながら基礎を固め、さらに特訓コースなどを受講しながら学力を受験レベルに引き上げていきます。

設置クラス概要と授業料は以下の通りです。

一般コース(浜学園・国私立中学受験コース)
必須科目(算数・国語・理科)3科セット

通塾日数: 各科目週1回
算数は講義[1st]、演習[2nd]の2ステージにわかれ、週2回の授業になります。
開講教室: 全教室
受講料: 31,920円
時間: 17:05~18:55および19:15~21:05(各科目110分/回)

一般コース 選択:社会
通塾日数: 週1回
開講教室: 全教室
受講料: 9,870円
(公開学力テスト「社会」受験料1,050円を含む)
時間: 17:05~18:55または19:15~21:05

一般コース 選択:少人数レベルアップ算数
通塾日数: 週1回 
開講教室: 所定の参加申込数のある教室のみで実施します。
受講料: 1回2,100円
時間: 17:05~18:55または19:15~21:05
 
 

記事を読む   小学5年生のクラス概要と授業料

小学4年生のクラス概要と授業料

授業料

浜学園の小学校4年生では、小5からの本格的な中学受験勉強に備えて、塾での授業と家庭学習をベースにした生活習慣を確立します。同時に、各科目において中学受験に必要な基礎学力を養い、強固な土台づくりを行います。

小4 一般コース(浜学園・国私立中学受験コース)
必須科目:算数・国語・理科3科セット
通塾日数: 各科目週1回
開講教室: 全教室
受講料: 28,350円
時間: 17:05~18:55(各科目110分/回)

小4 一般コース 選択
選択科目:社会
通塾日数: 月2回  (9月より始講)
開講教室: 西宮・上本町・天王寺・豊中・四条烏丸・名古屋
受講料: 3,675円

選択科目:少人数レベルアップ算数
通塾日数: 週1回(一般コース開講日に実施)
開講教室: 全教室
所定の参加申込数のある教室のみ実施します。
受講料: 1回1,575円
時間: 19:15~20:45(90分/回)

記事を読む   小学4年生のクラス概要と授業料

高校生向けの個別指導教室の展開

浜学園ニュース

小学生向けの教室が主力の浜学園が河合塾マナビスのフランチャイズチェーン(FC)に加盟し、2010年京阪神などで運営する3校舎に「河合塾マナビス」の名称で個別指導塾を開設、高校生向けの個別指導教室の展開に乗り出巣ことが明らかになりました。

この個別指導塾では、教室に設置した専用パソコンで生徒は学習の進行度に応じて、河合塾の授業を受けるようになります。

記事を読む   高校生向けの個別指導教室の展開

2010年中学入試 合格速報

合格実績(最新)

2010年度の浜学園の合格実績が出ました。

灘中学 82名で6年連続25回目の合格者数日本一達成!
神戸女学院中 64名で22年連続合格者数 日本一達成!
など相変わらずの快進撃の浜学園ですが、それ以外でも2010年度日本一の合格者数を達成した学校は、

東大寺学園中 74名
西大和学園中 137名
関西学院中 54名
洛南高附属中 72名
六甲中 69名
明星中 122名
清風中 187名
大阪女学院中 95名
四天王寺中 81名
金蘭千里中 91名
岡山中 580名

など11校にものぼります。言わずと知れた難関校ばかりです。

以下、浜学園の合格実績と主要な中学入試受験塾の合格実績を比較してみました。

記事を読む   2010年中学入試 合格速報

2009冬期講習の概要

講習会

浜学園の冬期講習では、すでに習った範囲の中から主要単元を選んで学習していくことになります。受験生はもとより、受験生でない学年の生徒も最高の復讐の機会ですから、緩みがちな年末年始を冬期講習でしっかり締めていきましょう。

浜学園 冬期講習:
開講対象学年:小1~小6及び中3
実施期間:2009年12/26(土)~1/7(木)の間
クラス編成:
小1~小5は能力別クラス編成に、小6(塾生のみ)は志望コース別クラスの編成になります
受講資格:塾外生は受講資格が必要となります。以下の日程の中からテストを受験して受講資格を取得する必要があります。

受講資格該当テスト:
・公開学力テスト  10月11日又は11月 8日又は12月13日実施
・土曜入塾テスト   毎週土曜日14:30から各教室で実施
・特別扱い入塾テスト   随時実施
・無料オープンテスト   11月14日(土)又は11月15日(日)
・受講資格判定テスト  12月19日(土)又は12月20日(日)又は12月23日(水)

受講料(税込):
小1  科目: 国,算
日数: 6日間(国,算 各3日間)   受講料: 13,510円

小2  科目: 国,算
日数: 6日間(国,算 各3日間)   受講料: 18,020円

小3  科目: 国,算
日数: 6日間(国,算 各3日間)   受講料: 18,020円

小4  科目: 国,算 理(選択)
日数: 6日間(国,算 各3日間)   国,算18,020円
日数: 3日間   受講料: 理(選択)7,940円

小5  科目: 国,算 理(選択) 社(選択)
日数: 6日間(国,算 各3日間・理社各3日間)
受講料: (国,算)19,850円・理科9,920円・社会7,940円

中3  科目: 英,数,国,理,社
日数: 10日間(数,英各4回、国3回、理,社各6回)
受講料: [5科セット]47,250円
[単科](英,数)各8,400円・(国) 6,300円・(理)12,600円・(社)12,600円

記事を読む   2009冬期講習の概要

2009合格実績 浜学園VS希学園

合格実績(最新)

2009年度の中学入試における浜学園と希学園の合格実績比較です。灘中学、神戸女学院など浜学園に軍配があがりましたが、希学園もなかなか奮闘しているといった結果でしょうか。ただ、最上位校はともかくその1つ下のランク、たとえば東大寺学園・西大和学園に高槻中学校も含めれば、ほぼダブルスコアとなっており、浜学園の生徒数とその層の厚さが如実にでたようです。

学校名 浜学園 希学園
灘中学校 68 名 53 名
神戸女学院中学部 59 名 26 名
甲陽学院中学校 54 名 40 名
高槻中学校 104 名 46 名
清風南海中学校 78 名 86 名
四天王寺中学校 67 名 63 名
大阪星光学院中学校 58 名 40 名
東大寺学園中学校 84 名 47 名
洛南高等学校附属中学校 68 名 64 名
洛星中学校 46 名 16 名
西大和学園中学校 139 名 80 名

記事を読む   2009合格実績 浜 ...

2009浜学園の春期講習

講習会

浜学園では、2009年3月26日から4月4日(3/30はお休み)までの期間、新小2から新小6・新中3を対象にした春期講習を開催します。

浜学園の春期講習では、これまでに習った主要な単元の復習を行います。この春期講習を弱点克服の期間と位置づけて臨むと効果的です。

クラスは基本的に能力別クラス編成で、新小6については「志望コース別クラス編成」となります。塾外生は受講資格が必要となりますので、春期講習の受講を希望する場合は、浜学園が指定するテストを受けて受講資格を取得する必要がります。

浜学園の春期講習の概要
新小2
受講料(税込):8,500円
科目:算・国  日数:6日間  実施時間:1日/1時間30分 (算・国 各3日間)計9時間

新小3
受講料(税込):11,340円
科目:算・国  日数:6日間  実施時間:1日/2時間((算・国 各3日間) 計12時間

新小4
受講料(税込):16,060円
科目:算・国・理  日数:9日間  実施時間:1日/2時間(算・国・理 各3日間) 計18時間

記事を読む   2009浜学園の春期講習

2009年度中学入試合格実績 近畿地区

合格実績(最新)

ここに掲載する浜学園の中学入試の合格実績は、2009年2月2日17:00現在の速報です。最終結果ではありませんのでご注意ください。

中学校 定員 合格者数 受験倍率
灘中学校 180人 68人 0.378
東大寺学園中学校 176人 84人 0.477
甲陽学院中学校 180人 54人 0.3
大阪星光学院中学校 190人 58人 0.305
西大和学園中学校 220人 136人 0.618
洛星中学校 225人 43人 0.191
高槻中学校 260人 101人 0.388
神戸女学院中学校 135人 59人 0.437
四天王寺中学校 255人 67人 0.263
清風南海中学校 230人 75人 0.326
帝塚山中学校 320人 150人 0.469
岡山白陵中学校 160人 128人 0.8
洛南高校附属中学校 200人 67人 0.335
白陵中学校 140人 33人 0.236
明星中学校 270人 112人 0.415
清風中学校 400人 154人 0.385
大阪女学院中学校 210人 120人 0.571

他多数

記事を読む   2009年度中学入試 ...

PAGE TOP